祈りよ届け 願いよ叶え

 
7年前の今日のこと 忘れない!

d0340560_18160641.jpg




Commented by orine3 at 2018-03-11 19:36
あれからもう7年も過ぎてしまったんですね。
実家の屋根は壊れたまま、まだ直していません。
まあ、雨漏りしてないからそのままなんですが。
修理見積は300万円以上です。
田舎の入母屋は使いにくくて不便この上ないです。
Commented by nekosan-syaraku at 2018-03-11 21:45
織音さんへ

こんばんんは〜 早いものですね時が過ぎるの
でもあの日のことは風化させてはいけないですよね
直接何かを出来るわけでは無いですが少しづつでも復興のお手伝いが出来ればと思います
同時に1日でも早く被災者様方の心が落ち着かれることをお祈り申し上げます
Commented by kazutanumi at 2018-03-13 14:20
あの日のことは今でも、鮮明に覚えています。

7年という月日は、被災者の方にとって大変な辛い日々だったと思います。
そして心の痛みが癒えるには、まだまだ長い年月がかかるでしょうね。

7年経って、被災者格差が広がってきている気がします。
支援も大きな声の人には、手厚くなりがちですが、、、。
お年寄りや自力では立ち直れなくなってる人達に、声をあげる気力さえ失っている人達に、
政治はそういう方々へ目を向けて、手を差し伸べて欲しいものです。
Commented by nekosan-syaraku at 2018-03-13 16:23
かずたんさんへ

忘れることは無いし忘れてはいけないのです
地震や津波などの災害の怖さもそうだけどその時の人としての心 これすごく大切で
被災の有無に限らず同じ生き物として同じ目線にならなくてはとあの時再認識いたしました
当時の政府もそうでしたが日本国の政治 違う方向向いております
与党野党互いに目的が違うのがこの震災以降かなり明るみに出て来ましたが
まだまだ闇の部分が深すぎて僕みたいな平民には知らされない事多すぎますでしょ
全てをオープンにとは望みませんがそこそこ上手にやって頂きたいですね^^
今の野党は正直なお話国を引っ張っていくのは無理ですから
変に足を引っ張って与党の舵取りが操作不能になるような事だけはやめて頂きたい
小学生の学級会の方が皆真剣に真摯に取り組んでいるように思えるほど幼稚な大人たちですから^^

そんなことよりも^^
被災地に出向いた時の被災者様方の笑顔が素敵すぎて
もうできることがあれば協力しなくてはと逆に涙が出て来ました
あの時の衝撃 忘れられませんです 僕も強くならなければですね^^?
名前
URL
削除用パスワード
by nekosan-syaraku | 2018-03-11 18:23 | ひとりごと | Comments(4)